2021年05月18日

マツダCX-5 インジェクター洗浄

これまで弊社に洗浄依頼されるインジェクターは、200系ハイエースが圧倒的に多く、次にキャンター、エルフと商用車がほとんどです。
先日、マツダ系のディーラー様より、CX-5のインジェクター洗浄の依頼があり、初めて乗用系SUVを取り扱いました。商用車と違い走行距離は少ないのですが、エンジンオイルの劣化か燃料添加剤の影響などが原因で噴射孔の詰りが酷く、1本は交換になってしまいました。
ソレノイド式より緻密で高性能といわれるピエゾタイプですが、使用環境によっては性能を十分に発揮できない場合があり、エンジントラブルや排ガス浄化装置のトラブルの原因にもなります。
高性能の部品が装着されている車ほど、その性能を発揮させるためには、普段の点検やメンテナンスは必要不可欠になります。
さらに、交換になるより費用的にも負担が少ないので、ユーザー様には定期的なメンテナンス(洗浄)を推奨いたします。
posted by 太洋ブレーキ商工 at 10:02| Comment(0) | 技術

2020年11月30日

サポートピン破断

IMG_1369[4746].jpg

錆による固着でピンのネジ部分が根元から破断し、本体に残置した状態です。
ディスクローターの擦り跡が見られます。
事故につながる危険な状況でした。
キャリパーの摺動不良は、早めの対処が重要です!

posted by 太洋ブレーキ商工 at 14:43| Comment(0) | 技術

2020年06月26日

ラフタークレーンキャリパーO/H

メーカーの再生事業部様からディスクキャリパーのオーバーホールを受注しました。今回は2セットです。
ディスクパットが完全に摩耗して欠落した状態で、ピストンとディスクローターが接触していました。
シリンダーの変形も見られ、リビルトが可能かどうか微妙なところです。
弊社では、クレーンだけではなくトラックやトレーラーなど大型のキャリパーのリビルトも行っています。

タダノ1.jpg

タダノ2.jpg
posted by 太洋ブレーキ商工 at 18:18| Comment(0) | 技術